もうすぐ11月ですね

今月も残すところあと3日となりました。
10月は秋台風に悩まされました。被害のあった地域の一日も早い復興を心よりお祈りしております。

DSC_1741.jpg

先日、松山市市坪西町にある松山中央公園のアクアパレットまつやまに行って来ました。
神職は体力勝負なところもあるので健康管理はかかせません(*σ´Д`*);;
この施設は松山南クリーンセンターの余剰蒸気を利用した温水プールで、先日行われた愛媛国体の会場も併設されました。
台風前の秋空が綺麗でしたので、写真を撮ってみました。

今月はお祭りの月でした。
DSC_1747.jpg
秋祭り期間中はあいにくのお天気でしたが、氏子崇敬者の皆さまにも喜んでいただき、良いお祭りとなりました。
DSC_1745.jpg
お祭り前は天候の影響で、準備がなかなか思うように進みませんでしたが、神さまのご加護のもと、何とか間に合わすことができました。
境内の「笑う狛犬」も法被(はっぴ)に身を包み、臨戦態勢に。
DSC_1748.jpg
境内のお末社(まっしゃ)の幕も新調。当社職員が丹誠込めて作りました。
DSC_1756.jpg
灯籠(とうろう)には和紙を張って明かりを灯します。

DSC_1779.jpg
こちらは14日の御霊遷しのワンシーン。
DSC_1814.jpg
こちらは15日に兼務社の宇佐神社近くで撮った獅子舞の様子。

秋祭りは例大祭、正式には「例祭(れいさい)」と呼ばれます。
年中行事のなかでも最も重要とされるお祭りで、多くの神社では年に一回、神さまにゆかりある日です。
祈年祭や新嘗祭などとともに大祭(たいさい)に定められ、神職は厳重な潔斎をしてこの写真にあるような「衣冠(いかん)」と呼ばれる正装で臨みます。
CIMG2033.jpg
頭には冠をつけ、赤や青の袍(ほう)という上着を着ます。
袍の襟元からは紅色の単(ひとえ)がみえます。袴はふんわりとしたホオヅキのような形の奴袴(さしぬき)という袴をはきます。
少し複雑な装束で着付けに時間がかかりますが、きちんと着けなければお祭りの最中に着崩れてしまいます。
衣冠だけに如何(いかん)ともしがたい状態になってしまいますね。

普段の狩衣と違ってめったに見られない装束です。
お祭りにあわせて神職は装束を使い分けています。お参りの際には、装束にもご注目くださいね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

高忍日賣神社宮司

Author:高忍日賣神社宮司
全国唯一、産婆・乳母の祖神をお祀りする高忍日賣(たかおしひめ)神社宮司のブログ。愛媛県伊予郡松前町徳丸鎮座。
宮司がふと思ったことや日常の出来事など、あまり気張らずに書いております。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR