虫干祭無事に終了!!

昨日は立秋でした。
立秋は二十四節気の第13番目で、初めて秋の気配が現れてくる頃とされ、夏至と秋分のちょうど中間になります。
藤原敏行の「秋来ぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞおどろかれぬる」(『古今和歌集』)は有名ですね。
本日8日から「残暑」となりますので、手紙を書く際は注意しましょう。私も虫干祭の後片付けが一段落しましたので、近況など認めたいと思います。

今年の虫干祭も盛況裡に終わりました。

余興には青葉幼稚園の皆さんとみきゃんが駆けつけてくれました。

8月2日の記事にあった「素敵なプレゼント」は「どじょうすくい」でした。

回廊ではたくさんのキャンドルによる「祈りの灯火」が。

境内は多くの参拝者の笑顔であふれ、神様もきっとお喜びになったと思います。

お祭りのためにご協力いただいた皆さん、誠にありがとうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

高忍日賣神社宮司

Author:高忍日賣神社宮司
全国唯一、産婆・乳母の祖神をお祀りする高忍日賣(たかおしひめ)神社宮司のブログ。愛媛県伊予郡松前町徳丸鎮座。
宮司がふと思ったことや日常の出来事など、あまり気張らずに書いております。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR