みたまのふゆ

11月7日、二十四節気の一つ、立冬(りっとう)を迎えました。
立冬は「冬の気配を感じる日」という意味。
暦の上では冬のはじまりです。

しかし、この時期はまだまだ冬というより秋本番といった感じですね。
境内の木々も色づいて秋を感じさせてくれます。

神職はこの日から衣替えとなります。
といっても、地域や気候により多少異なりますが、狩衣(かりぎぬ)などの装束は冬物になります。
逆に夏物になるのは立夏(りっか)が目安です。

さて、今回は「冬」について少し考えてみましょう。
ご存知のように、冬は寒く多くの生き物は冬ごもりして温暖な春に備える季節ですよね。
実はこの冬。「増(ふ)ゆ」「殖(ふ)ゆ」などに通じ、すべてが春に向けて増殖することが語源とされています。
つまり、神さまのお力をいただいて花咲く春のための充電期間ということなのです。
これに関連して、神さまに申し上げる祝詞(のりと)の中に、「恩頼(みたまのふゆ)」という言葉があります。
なかなか読めないですよね・・・
中国伝来の漢字に、日本古来の大和言葉を当てはめたものですが、当時の人びとはどのような思いで考え出したのでしょうか。
ロマンがありますねえ(*´~`*)

尊い霊魂、神さまの神秘的なお力が振動する、増殖することを意味します。
これに接することで、私たちの心や魂も力を増していくという訳です。

これから冬に近づき、気温もどんどん下がります。
高忍日賣神社にお参りされて、大神さまのあたたかい恩頼に日々感謝しつつ、健やかにお過ごしください。

こちらはいただいた柿です☆
DSC_2056.jpg


今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
スポンサーサイト

もうすぐ11月ですね

今月も残すところあと3日となりました。
10月は秋台風に悩まされました。被害のあった地域の一日も早い復興を心よりお祈りしております。

DSC_1741.jpg

先日、松山市市坪西町にある松山中央公園のアクアパレットまつやまに行って来ました。
神職は体力勝負なところもあるので健康管理はかかせません(*σ´Д`*);;
この施設は松山南クリーンセンターの余剰蒸気を利用した温水プールで、先日行われた愛媛国体の会場も併設されました。
台風前の秋空が綺麗でしたので、写真を撮ってみました。

今月はお祭りの月でした。
DSC_1747.jpg
秋祭り期間中はあいにくのお天気でしたが、氏子崇敬者の皆さまにも喜んでいただき、良いお祭りとなりました。
DSC_1745.jpg
お祭り前は天候の影響で、準備がなかなか思うように進みませんでしたが、神さまのご加護のもと、何とか間に合わすことができました。
境内の「笑う狛犬」も法被(はっぴ)に身を包み、臨戦態勢に。
DSC_1748.jpg
境内のお末社(まっしゃ)の幕も新調。当社職員が丹誠込めて作りました。
DSC_1756.jpg
灯籠(とうろう)には和紙を張って明かりを灯します。

DSC_1779.jpg
こちらは14日の御霊遷しのワンシーン。
DSC_1814.jpg
こちらは15日に兼務社の宇佐神社近くで撮った獅子舞の様子。

秋祭りは例大祭、正式には「例祭(れいさい)」と呼ばれます。
年中行事のなかでも最も重要とされるお祭りで、多くの神社では年に一回、神さまにゆかりある日です。
祈年祭や新嘗祭などとともに大祭(たいさい)に定められ、神職は厳重な潔斎をしてこの写真にあるような「衣冠(いかん)」と呼ばれる正装で臨みます。
CIMG2033.jpg
頭には冠をつけ、赤や青の袍(ほう)という上着を着ます。
袍の襟元からは紅色の単(ひとえ)がみえます。袴はふんわりとしたホオヅキのような形の奴袴(さしぬき)という袴をはきます。
少し複雑な装束で着付けに時間がかかりますが、きちんと着けなければお祭りの最中に着崩れてしまいます。
衣冠だけに如何(いかん)ともしがたい状態になってしまいますね。

普段の狩衣と違ってめったに見られない装束です。
お祭りにあわせて神職は装束を使い分けています。お参りの際には、装束にもご注目くださいね。

鈴神楽の練習がありました

昨晩、ふと東の空を見ると不思議なものが。

CIMG0197.jpg

正体は月でした。

今日も一日秋祭りに向けて準備をしました。
ご本殿や拝殿の掃除、紙垂(しで)の付け替えなどなど。作業はたくさんあります。
この時期はクモが巣を張っるので掃除はたいへんです。

CIMG0189.jpg

秋祭りまでの間、境内の素鵞神社(天王さん)の拝殿には神輿を安置しているのですが、三輪田米山が書いた額が掲げられています。
お参りの際にぜひご覧くださいね。

夜には、秋祭りで奉納される鈴神楽の練習がありました。

CIMG0204.jpg

今日の練習が最後となります。
巫女さんたちは一所懸命に練習に励んでいました。

CIMG0211.jpg

いよいよ秋祭り!!

今日は体育の日でした。
皆さんご存知のように、体育の日は昭和39年(1964)の東京オリンピックの開会式が行われたのを記念して国民の祝日にしたことに由来しています。
2020年はふたたび東京でオリンピックが開催される予定。今から楽しみですね!

「寒露(かんろ)」を過ぎたとはいえ、今日は夏日となりました。
今日は神輿磨きが行われ、大小の神輿や御羽車(おはぐるま)が出され、一年ぶりにきれいに磨かれていよいよ秋祭りの雰囲気となりました。

CIMG0180.jpg

神輿磨きに参加した人びとも一年ぶりに神輿と再会して、たいへん嬉しそうにしていました。

先日、一足先に松山では秋祭りが行われました。今年は「愛媛国体」と重なったこともあり、大いに賑わったようです。

DSC_1732.jpg

松前地方の秋祭りは、10月13日の宵宮にはじまり、14日の祭典、15日の神輿渡御で締めくくられます。

CIMG0172.jpg

神輿渡御は一年に一度、神さまが神輿に乗られて氏子地域をまわり、氏子の皆さんとともに豊穣を祝われる大切なお祭りです。

CIMG0190.jpg

神輿の上の鳳凰には収穫された稲穂がつけられています。

CIMG0188.jpg

ここで一句。

  「高忍の 神の社の気高さに 詣る人の 心安らぐ」

CIMG0183.jpg

日尾八幡神社

今日は愛媛県神道青年会の「観月神楽」がありました。
今回の会場は、松山市鷹子町鎮座の日尾八幡神社でした。
DSC_1662.jpg
この企画は毎年この時期に行われますが、雅楽や神楽など普段あまり接することがない催しです。
毎年会場が変わります。
当社からは禰宜と権禰宜が参加しました。
禰宜は鞨鼓(かっこ)という打楽器を、権禰宜は篳篥(ひちりき)という管楽器を演奏しました。
DSC_1665.jpg

日尾八幡神社は、書家の三輪田米山(みわだべいざん)の神社としても有名です。
高忍日賣神社にも米山書の社号標や扁額などがありご縁を感じた、と報告がありました。

ご縁というものはたいへん不思議なものですね。
プロフィール

高忍日賣神社宮司

Author:高忍日賣神社宮司
全国唯一、産婆・乳母の祖神をお祀りする高忍日賣(たかおしひめ)神社宮司のブログ。愛媛県伊予郡松前町徳丸鎮座。
宮司がふと思ったことや日常の出来事など、あまり気張らずに書いております。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR